ハロヲタ備忘録として書き残しておく

℃-uteが解散する前に書いておく

ついにこの日が来てしまった。
今日、2017年6月12日をもって℃-ute解散する。
2005年6月11日に生まれ、12年と1日。12年って。
2002年6月30日にキッズオーディションに合格してから15年。15年って。
人生の、青春と呼ばれる時間を、アイドルとして費やしてくれた。感謝しかない。

私が℃-uteヲタをやっていたのは、2007年~2010年頃だ。当時、娘。ヲタだった私は8期や留学生、吉澤卒業&藤本脱退という怒濤の流れにどこか疲れていた。そんなときハマっていったのがデビューして間もない℃-uteだった。
キッズオーデ当時、私は初めて年下の子達がハロプロに入ったことが嬉しかった。ネットなども見ていない小学生だったので、キッズという子供たちに対して批判や拒否反応があることも知らなかった。ただただ年が近い子達が入ったことが嬉しく、年下の女の子達をかわいらしいなぁと見ていた。
映画も観たし、がんばっちゃえ!のシングルVを買い、何度も見てパッケージの裏の顔写真と名前を一生懸命覚えた。ZYXもあぁ!もCDを買った。単純に曲が好きだったってのもあるけれど。
その後Berryz工房が結成された。当初はスターティングメンバーなどと説明されていたが結局入れ替わったりするなんてことはなかった。残されたキッズたちは非ベリなどと呼ばれながらハロコンに出たりしていた。H.Pオールスターズでうたばんに出た際は、中島ちゃんが目立ったりもした。
そんな活動ののち℃-uteという名前、グループが誕生した。体温情熱を表すために温度の℃と言われてもな、あとなんで発音変えるんだろ、なんて思ったりもしたけれど。よかったねぇ、なんて親戚のおばちゃんみたいな感じだった。
オリジナル曲なくてベリの曲を歌ったり、初めてオリジナル曲をもらったり、エッグから栞菜が加入したり、インディーズとしてCDをリリースしたり、大もてがきらりちゃんのEDになったり、ハロモニ。で貴理子さんや長山洋子さんに突撃したり、シングルより先にDVDでメジャーデビューだったり、ハロプロアワーで先輩とトークやソロで歌ったり、そういうのを見てきて、あぁ℃-uteってかわいいなぁなんて思ってたらめぐが脱退してしまった。つらかった。でも誰よりもつらかったのはメンバーだったろうなって。メジャーデビュー前にエースを失うなんて。そんな彼女たちが翌年無事にメジャーデビューして嬉しかった。よかったねぇってまた私の中の親戚のおばちゃんが出てきてた。
そう、ここまではどこか俯瞰で見てた。
そのわずか1ヶ月後、2007年冬ハロコンのDVD BOXを見た私はそのとき初めて「あ、かっこいい」と思った。ベリと℃-ute友情 純情 oh 青春という曲を歌ったのだけど、そのとき客を煽るメンバーたちを見てかっこいいなと思ったのだ。今まで見てきたつもりだったけど、いつの間にこんなに成長してたんだろう、って。どこかで「年下の子供たち」という意識があった私を置いて彼女たちは成長して「アイドル」になっていた。
そこからは早かった。前述の通りどこかふらついていた私の心は完全に℃-uteに捕まってしまった。映像を漁り、DVDを買い、どっぷりずっぷり。 JUMPという曲を聴いて「負けなんて認めない 私が決めるから 最後は絶対笑ってやる」という歌詞でメジャーデビューまでの道程を重ね泣くようになった。℃ヲタの完成である。
ありがたいことにその年、℃-uteは日本全国を回ってくれた。地元福岡にもいっぱい来てくれた。桜チラリは行けなかったけれど、めぐる恋の季節都会っ子純情のリリイベ、放課後のエッセンスにも行った。現場の楽しさを知り始めた頃だった私はどんどんハマっていく。都会っ子でレコ大最優秀新人賞を取ったとき、まぁボロ泣きですよ。紅白が決まったとき、まぁボロ泣きですよ。
キラキラした彼女たちを追いかけて、思い出が増え、心がどんどん潤っていく。そんな日々が重なって時は流れていった。
しかし2009年、私の推しは脱退してしまった。あまりにもショックでそのときドライブデートをしていたのだけど引き返してもらった。しばらく音信不通になった。彼には私の心の穴は埋められないと振ってしまった。7人の℃-uteは6人になった。
そして推しの脱退を和らげるように見つけた次の推しはその数ヵ月後卒業してしまった。最後を見届けようと人生で初めて遠征をした。NHK大阪ホールで見た彼女たちの笑顔と涙は忘れたくないと思う。6人の℃-uteは5人になった。
二人の推しを失っても、℃-uteが福岡に来てくれれば私は現場に行った。ただ、あの頃の福岡での℃-uteの客入りは正直良くはなかった。ハロプロ全体の空気もあるけれど、Zepp FUKUOKAは椅子を出して椅子ゼッパーなんて言われたりもしてた。それでも5人になった彼女たちは笑顔で歌い踊ってくれた。
ただ私は2010年頃に、より好きになってしまったスマや娘。に流れて、℃-uteをメインにヲタクをすることはなくなってしまった。℃-uteもしばらく福岡に来ることはなかった。
しかし、℃-uteは着実に力を着け、人気を集めていった。
2013年、℃-uteが久しぶりに福岡でイベントをやった。キャナルシティで行われた会いたい会いたい会いたいなのリリースイベントにはたくさんの人がいた。いつの間にこんなに増えてたんだという驚きがあった。そしてその年末、再び℃-uteZepp FUKUOKAでライブを行った。3、4年前は椅子ゼッパーと呼ばれていたとは思えない満員の客入りだった。あぁ、℃-uteの人気はすごいなと実感した。そして報われてよかったと思った。彼女たちが諦めないで走り続けてきた結果なんだなと。
その後も彼女たちはずっと走り続けて、ファンを増やし、アイドルが憧れるアイドルと呼ばれるようにもなった。
そして去年、解散することが発表された。
元℃ヲタでしかないけれど、その発表はただ寂しかった。追いかけた時間、それは私にとっても青春だったから、℃-uteが終わることは私の青春も終わってしまうことのような気がして寂しかった。
℃-uteはおばあちゃんになってもずっとそこにあるものだとどこかで思っていた。ずっと5人が笑いあって歌ってくれるものだと。
でもそんなことはないのだ。始まりがあれば終わりがあって、℃-uteにとっての終わりを彼女たちは選択した。
15年間、アイドルとして活動してくれたこと。
12年間、℃-uteでいてくれたこと。
私は全部を見てきたわけではないけれど、たくさんの思い出をくれた。
今日、℃-ute解散する。
私はこの青春に悔いのないよう、5人の姿をめいっぱい目に焼き付け、ありがとうを伝えようと思う。

ファラオの墓 太陽の神殿編を見てきた

モーニング娘。さんは毎年6月頃に舞台をします。なんだか英文みたいですね。

今年は6/2~池袋サンシャイン劇場にて「ファラオの墓」という舞台を行っております。

あらすじはこんな感じ。

 

今から四千年ほど前、エジプトは戦乱の時代であった。
小国エステーリアは強大な隣国ウルジナの国王・スネフェルによって滅ぼされてしまう。
 
エステーリアの王子・サリオキスは「ファラオ(王)の墓」を作る奴隷となって身を隠し、サリオキスの妹・王女ナイルキアは敵国ウルジナの神官の家で侍女となっていた。
 
そして、サリオキスはウルジナ城でアンケスエン妃と出会う。
二人は初対面で惹かれ合うが、彼女は宿敵スネフェルの婚約者だった。
一方スネフェルもナイルキアに出会い、互いの素性も知らぬまま恋に落ちてしまう。
 
やがて、サリオキスはウルジナに迫害された多くの部族を結集し伝説の戦士「砂漠の鷹」となって、スネフェルの城にむかって進撃を開始する。
 
運命にもてあそばれるサリオキスとアンケスエン、そしてスネフェルとナイルキア
ふたつの恋は、戦乱の嵐に飲み込まれようとしていた。

カタカナが多い!バカだからカタカナすんなり覚えられない!覚えられなさすぎてスネオキスとか言ってた。スネ夫かよ。

太陽の神殿編と砂漠の月編という主演ダブルキャストの2パターンです。

6/2の初日公演に行ってきました。太陽の神殿編なので工藤さんがサリオキス・石田さんがスネフェルですね。

去年の続11人いる以来の演劇鑑賞でした。いやぁ、生で観る舞台っていいですね。2階席だったんですけどね。斜め前の人が少し遅れてきた上に前のめりで観る人だったので舞台下手側前方は何をしてるのかさっぱりだったんですけどね。良い子のみなさんは必ず座席に背を付けて鑑賞してくださいね。始まる前に係のお姉さんが丁寧に案内してくれてるんですけどその人遅れたから聞いてなくてね。そんな愚痴はもうどうでもいいですね、はい。

というわけで以下ネタバレ含みながらだらだらと感想を書いていきますのでご注意ください。

 

続きを読む

工藤さんの卒業についてあれこれ考えるとやっぱり今なんだよなぁって話

2017年4月29日、京都での昼公演にて工藤さんがモーニング娘。及びハロープロジェクトを卒業することが発表されました。

どう見えてるかわからないけどこれでもずっと工藤ヲタだったのでね。

数日経って考えてみた結果いろんな思いが溢れ出るので徒然と書いていこうと思います。無駄に長いよ!

 

発表されたそのとき私は何も知らずに会場近くの平安神宮でのんきに工藤さんのこれからの活躍を願っていました。スヤスヤと。

会場の前に戻りツイッターを見てその報せを知り、「まじか」と呟いた。私の前で地面に泣き崩れている女の子達がいた。工藤女ヲタさんたちがみんなで抱き合って泣いていた。会場前がざわざわしていた。

卒業を聞いた直後、率直に思ったことを言うと「ついにきたか」でした。

ヲタクと話すとき、度々卒業の話になる。推しの卒業、次に卒業するのは誰か、時期はいつか。そんな話をしているとき、私はいつも「工藤は女優になりたいって言って割りとすぐ卒業すると思いますよ」と言っていた。卒業後の次のビジョンが一番明確に見えているのは工藤だと思っていたからそれは本心だった。まぁいつ卒業がくるかわからないから常に覚悟しとけよっていう予防線、防衛本能の意味も含まれていたと思う。そう思いつつもどこかで工藤がリーダーの娘。を見たいとも願っていた。現実的思考と希望的観測。それはどちらも持ち合わせていて。だから卒業すると聞いたとき、少しの驚きと少しの残念がありつつも「そうか、今か」という納得が大半だった。「彼女の中では今だったか」と。

 

工藤さんの卒業について、早いという意見も見られた。でも私は早いとは思わなかった。この違いについて自分なりに考えてみました。こう思うことで自分の中の感情を処理し納得させようとしてるだけなのかもしれないので、まあヲタクが勝手なこと言ってんなって流してください。

たぶん、早いと思うのは“モーニング娘。工藤遥”として見ているからじゃないかなと。

歌割も少しずつ着実に増えていき、ダンス部に加入したりしてダンスポジションでも前に出てきて、13期の教育係になって、今年で18歳になるから仕事の幅も広がって、ここからハルちゃんの時代が始まっていく―――。だから今このタイミングでの卒業は早い。そう考えると早いと思うのは当たり前だと思うし、そういう視点だと私も早いと思う。モーニング娘。工藤遥を見ているんだからそう思って当然と言えば当然ですよね。

では芸能人・女優としての“工藤遥”として見た場合はどうか。

工藤さんが常々やりたいと言っていた学園ドラマ。主役はやはり10代の女優さんが多い。もちろん、20代でもやれないことはない。真野ちゃんだって20歳過ぎてからだった。でも周りはどうしたって若い。そして俳優業を主とした事務所の子たちに囲まれる。その子達はきっと演技の経験も積んでいる。数年後モーニング娘。として活動し22歳くらいで卒業したとしていきなり学園モノのドラマに出られるだろうか。

アップフロントは音楽事務所である。興行をメインとしたアイドル活動。年に一度舞台をやるけれど、どうしたって演技に関する経験値は少ない。

20歳を過ぎて学園ドラマに出て、一人だけ浮いてるような演技レベル。そんな姿はあまり見たくない。浮いていなければいいけれど、今の娘。の活動のままでそういう演技が出来るようになるのか。舞台演技とドラマ演技は違うだろうし。

前に真野ちゃんがハローにいるとスケジュールやアイドルという制約で出来ないことがあるから卒業して女優としてやっていこうと思った、みたいなことを言っていた気がする。(明確なソースがぽんと出せないので違っていたらすみません。)

毎年春と秋は単独のコンサートが30公演近くあって、冬と夏は合同のハロコンがあって、3月はひなフェス、6月には舞台、その他には握手会やリリースイベントが詰め込まれる。テレビラジオや雑誌取材、写真集撮影だとか書き物だってある。こんな状況で民放のドラマに出るのはやはりスケジュール的に厳しいように思う。いい意味でも悪い意味でもルーティンがアップフロントの特徴。そのスケジューリングで一人だけ長時間拘束の外部仕事の時間を割けるかって言われると微妙だと思う。外部からオファーが来たらそういうスケジュールも組んでもらえるかもしれないけれど、仕事じゃなく演技レッスンとしての時間は割けるのか。やはり微妙だと思う。

『演技をしたい』そういう気持ちを一人抱えたままでみんなと過ごすのは失礼だと工藤さんは言った。工藤さんらしいなぁと思う。

だったら卒業して女優一本として頑張りたい。彼女がそう思っても不思議ではないように思えるんだ。

 

やるからには女優工藤遥として活躍してほしいと思う。

だからこそ、工藤さんには外に出ていろいろ揉まれて壁にぶち当たって一度挫けてほしいと思う。

今の娘。メンで一番舞台に出ているのは工藤さんだし、主役級の役もたくさんしている。いろんな方に褒められて、自信もあると思う。

でもそれはあくまでもモーニング娘。ハロプロという箱庭の世界での話。

学園ドラマだとか、朝ドラだとかを目指したいというにはまだまだ課題は多い。滑舌や発声も成長していかなきゃいけないと思う。外の世界に出て、自分の実力を知って、そしてそこから這い上がってほしい。そしてそれはきっと若い今、早いに越したことはないと思う。若さゆえの力っていうのもあるだろうし。

今ほど歌割もなく後列で踊っている頃、毎年6月になると輝く人だと言われたこともあった。毎年ブログで役作りで悩んでることを吐露してくれた。壁にぶつかって考えて悩んでその世界を作りあげたときの達成感とかが好きなんだろうなって思ってた。

外に出て壁にぶつかって這いあがって経験を積んで。そうこうしてる内に年は重ねる。そう考えると17歳18歳での卒業の選択は決して早いとは思わない。

 

学校として例えるなら、

小学4年生の終わりにハロプロ学園へ編入し、

小学6年生のとき進学テストに合格しモーニング娘。というクラスに行き中高を過ごし、

高校3年生で次の夢を見つけそのまま内部進学ではなく外部の大学へ進学する。

そう考えるとやはりこの年齢での決断も早いことはないと思うんだ。上手い例えではないけれど。

2010年3月27日にハロプロエッグとしてお披露目されアイドルとしての活動を始めて、2011年9月29日にモーニング娘。に10期メンバーとして加入して。アイドルとしては7年以上やっている。10代の女の子にとっての7年って長い。私達ヲタクはアイドルとしての彼女たちを趣味として楽しむ。でも彼女たちはアイドルという仕事として人生として毎日を過ごしている。濃度がやっぱり違うと思う。短いなんて言えるわけがない。

 

今回の卒業発表に関して、ツイッターで「卒業を取り消してほしい」そんな発言もちょっと見た。もちろん寂しさからくる逃避の言葉だとは思う。

けど、17歳の女の子が一人一生懸命考えて悩んで出した自分の人生、夢への一歩の結論をファンである人が無碍にしないでほしい。

寂しい気持ちはわかる。私だって寂しい。でもその答えを否定するのは違うと思う。

受け入れられないなら受け入れられないでいい。

でも卒業は決まってしまった。時間は無慈悲に過ぎていく。嫌だ嫌だと言っている間にも工藤さんは前を向いて進んでいく。

何かを覚悟した人の目は強くキラキラと輝く。それを何度も見てきている。だから私はその瞬間の推しの姿を逃したくない。寂しいという気持ちに囚われて彼女を真っ直ぐ見れないのは嫌だ。もったいない。

 

今の環境って工藤さんにとってすごく居心地のいい環境だと思うのね。先輩からかわいがってもらって、一緒に笑い涙出来る同期がいて、慕ってくれるたくさんの後輩たちがいて。

でも夢のためにそこから旅立つことを決意できる工藤さんは強いと思う。

 

コンサート中、くっしゃくしゃに笑いながらメンバーとアイコンタクトを取る姿が好きだ。カメラ目線で決めてる姿も誰よりも楽しそうにジャンプする姿も汗だくで歌って踊る姿が好きだ。

京都での夜公演、そんなハルちゃんの姿を見ながら私は泣いてしまった。

それが見れなくなるのは寂しい。ただただ寂しい。だから泣いた。

モーニング娘。工藤遥が見れなくなるのは寂しい。あと何日、あと何回モーニング娘。工藤遥が見られるのかはまだわからないけれど、精一杯目に焼き付けたいと思う。

 

思うことはたくさんあって、でも書きたいことがまとまらなくてこんな文章になってしまいました。

まぁつまりは『仕方のないことは仕方のないこととして受け入れるのがドリューの主義よ』というハム恵ことドリューの言葉通り、卒業は決まったのだからあとは楽しむだけですよって話です、はい。

 

2017冬ハロに行ってきた

新年明けましておめでとうございます。新しい年はライブビューイングでおったまげ~をして迎えました。このなんとも言えない感じ、正直嫌いじゃない。

さて、今日は1月2日から始まった毎年恒例のハロコンHello!Project 2017 WINTER~Crystal Clear~&~Kaleidoscope~について書こうかなと思います。

えっと、まずいい加減どっちがどっちだかわかりづらくなる英語表記のタイトルやめませんかマゼコーゼやソレゾーレみたいにわかりやすいやつに戻しませんかってところから語り始めますかと思いましたが長くなるのでやめます。

近年のハロコンは各ユニットのシングルお披露目公演Aとメンバーがシャッフルして過去の楽曲を歌う公演Bと分かれるようになりました。わかりやすく言うと2013年夏ハロのタイトルですかね。Aがソレゾーレ、Bがマゼコーゼ。カレイドはシャッフルが多いBのマゼコーゼ公演。主に東名阪以外の地方公演ではソレゾーレしかやりません。これほんと福岡に住んでるときやめてほしかったな。地方民だってシャッフルが見たい!事務所的にはなかなか行けない新規向けに地方で各ユニットの新曲をって思ってくれてるんだろうけど、ハロコンをやるような地方って今はだいたいライブハウスで各ユニットが単独でライブやったりしてくれるんですよね。なんならライブハウス公演が少ない関東民よりも遠征しないで行ける分地方民の方が各ユニットの単独行けてたりするんですよね…(福岡はだいたいDRUM Be-1に行けばアンジュやJJ、カントリー、こぶしが見れる)

まぁそういう単独に行かないような人に向けたセットリストなんでしょうけれども。8500円というチケット代の高さは新規向けではないような気がしますが、現ハロメンは50名以上いますから一人当たりに約170円を払ってるって思えば安い!そう、安い!

しかしまあどうせならついでにちょちょいとシャッフル公演もやってくれたっていいじゃない。前はやってたじゃん。ねえ。

とまぁ長々と愚痴ってしまいましたが、個人的には圧倒的にシャッフルが見たい人間なので上京してよかったのかもしれない。

自分が行ったのは1月7日(土)のKaleidoscope公演でした。元々行く予定はなかったのですが、セトリを見てどうしても聴きたい曲があったので入りました。勢いです。勢い大事。行ってよかった。

というわけでここからはネタバレオンパレードになるのでOKな方のみ読んでください。

どぅーでもいいですが初めて中野サンプラザハロコンを見ました。中野は2度目です。

 

続きを読む

ハロプロ楽曲大賞’16について

ハロにはありがたいことに自分たちで新しい楽しみ方を見つける人種がたくさんいます。

2002年から続いているハロプロ楽曲大賞もその一つだと思います。

簡単に言うと非公式に行われているファンが選ぶその年の曲の人気投票です。

歴代の結果は以下の通り。

 

2002年 I&YOU&I&YOU&I タンポポ

2003年 スクランブル 後藤真希

2004年 浪漫 ~MY DEAR BOY~ モーニング娘。

2005年 スッペシャル ジェネレ~ション Berryz工房

2006年 青空がいつまでも続くような未来であれ! モーニング娘。

2007年 笑顔YESヌード モーニング娘。

2008年 リゾナントブルー モーニング娘。

2009年 ライバル Berryz工房

2010年 Danceでバコーン! ℃-ute

2011年 有頂天LOVE スマイレージ

2012年 初恋サイダー Buono!

2013年 ロマンスの途中 Juice=Juice

2014年 イジワルしないで抱きしめてよ Juice=Juice

2015年 大器晩成 アンジュルム

 

音楽というのは聴くとその時のあれこれを思い出す力がありますから、こうやって振り返って見てみるとあぁこんなことあったなとか思い出せて楽しいですね。

1位だけでなく順位やポイント、投票人数なんかをじっくり見ていくとこの年は激戦だったんだなとかいろいろおもしろいので興味のある方は調べてみてください。このときにはまだこの曲あまり評価されてなかったのかなとかそういうのも発見できると思います。

2012年頃からSNSの普及などにより楽曲大賞に参加する方が増え昨年2015年は最多となる投票人数となったそうです。すごいですね。完全なる非公式ヲタのイベントなのに、ヲタクたちがみんなで楽しんでいる。

そんなことを言ってる私ですが楽曲大賞の存在は知っていたものの実際に投票し始めたのは2011年頃です。そんなもんです。

 

というわけで今年自分が投票した楽曲や選考理由など、その他惜しくも漏れてしまった楽曲について書いていこうかなと思います。

ただの備忘録としてですので、詳しい音楽知識なんてものはなくヲタクの戯言です。

 

続きを読む

とりあえず

自己紹介というほどでもないけど、中の人の説明を簡単に。

 

モーニング娘。が好きです。

℃-uteアンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズこぶしファクトリーつばきファクトリーも好きです。

いわゆるハロー!プロジェクトというアイドル集団が好きです。

小学生の頃LOVEマシーンとかちょこっとLOVEとか恋のダンスサイトとか、世間的に流行っていたときに好きになったのでかれこれ17年くらい好きです。

ちなみに現在の推しは工藤遥さんなのでファンになったときに生まれた子を推しているということになります。

現場デビューは2003年12月のメロン記念日かわいい彼発売記念イベントです。

初めてモーニング娘。を生で見たのは2006年に行われていたモーニングカレーというコンサートです。

福岡に住んでいたので来福してくれたら行く・遠征もちょっと行く程度の年に数回現場に行けたらいいという環境で長年ヲタ活していましたが今年の4月から上京しました。まぁほどよく。

与えられたものをいかに美味しくいただくかをモットーにヲタ活しています。楽しければいい。

今は娘。がメインになってますが、以前はメロンだとかベリキューだとかスマがメインになったりしてたこともあるのでまぁ要はハロなら好きってことですかね。

石川、田中、藤本、柴田、亀井、有原、里田、夏焼、梅田、和田、前田、生田、工藤という推し遍歴を辿ってきています。傾向は自分でもよくわかりません。“田”がつくと好きになりやすいのかもしれません。嘘です。

 

 まぁそんな感じのゆるいヲタクが自分の記録用にハロに関するあれこれを書き残していこうというブログです。